2011年04月27日

◇ プレステの情報漏れ

 ソニーのプレステの顧客情報が漏れた。暗号化もしていなかったようだ。予想される賠償額は 2.7兆円。 ──
 
 ソニーのプレステの顧客情報が漏れた。クレジットカード番号も漏れた可能性があるそうだ。
  → 読売 2011-04-27

 ソニーの公式見解は、これ。
  → ソニーのお詫び
 クレジットカード番号については言及していない。

 今後への対処は、「パスワードを変更するべし」など。
  → 対処

 ──

 記事を読んで不思議に思ったのは、「暗号化もしていなかったのか?」ということ。ネットを検索してたら、暗号化はしていなかったようだ。
 さんざん罵倒されているが、当り前ですね。馬鹿丸出し。

 ついでに補償金も噂されている。参考となるのは、過去の賠償例。
  → エステティックTBCの顧客情報漏洩、一人当たり3万5000円の賠償金

 ソニーの顧客情報漏れの人数は 7700万人。単純計算して、
  3万5000円 × 7700万 = 2.7兆円
 
 これはソニーの株式時価総額とほぼ同じ。
  → ソニーの時価総額は 350億ドルぐらい

 ソニーも東電並みに倒産か? 会社更生法?   (^^);



 [ 付記 ]
 正確に言えば、プレステはソニーじゃなくて、ソニー・コンピュータエンタテインメント だから、別会社。そっちの株の時価総額も合わせれば、3兆円を大きく越えるから、ソニーが倒産ということはない。
 しかし、ソニー・コンピュータエンタテインメントが倒産ということは、十分に考えられる。たぶんソニー本体が穴埋めするんだろうな。

 ……ただし、それは、最善の場合である。
 最悪の場合は、情報が漏れた漏れた顧客は、子供の小遣いみたいな補償金もらうだけだ。
 その一方で、クレジットカードから多額の金を引き出される……ということも(ひょっとしたら)あるかも。保険が利くかもしれないが。


posted by 管理人 at 19:13| Comment(3) | その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
登録ユーザーの90%が国外という話で、
アカウント取得制限をかなり緩くしていたので(偽名でもOK)
重複アカウント等も相当数あるようです。
賠償額2兆というのはありえないのでは。

ただ、ユーザー数を多く見せたいために「盛っていた」が故に
こうして大事と捉えられるのは、ソニーの自業自得でしょうね。
Posted by よしお at 2011年04月28日 02:35
続報。
 ──

 ソニーは29日までに、クレジットカード番号は「暗号化していた」と明らかにした。カード悪用の可能性が小さくなったとみられる。
 ソニーは、カード番号が盗まれたという証拠はないが「可能性は排除できない」としていた。一方、名前や住所、生年月日などの情報は暗号化していなかった。
 → http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110429/dms1104291515016-n1.htm
Posted by 管理人 at 2011年04月29日 17:37
登録ユーザーの90%が国外
なら
エステティックTBCの例はあまり参考にならないかもしれません。SCEはアメリカにも法人があるのでアメリカなどで訴訟起こされると賠償額はもっと大きくなる可能性があります。


http://www.scei.co.jp/corporate/data/bizdatausa.html

クレジットカード番号は暗証化されているということですが、これだけの情報盗み出した相手にその安全性は疑問ですし、パスワード情報は漏れているようなので。。

しかし、日本を代表するグローバル企業のソニーでこの事件は、益々世界の日本の見る目が厳しくなりそうで嫌ですね。
*日本の政治が三流というのは既に世界の常識ですが、トヨタ・ソニー・パナソニックなどは一流と思われていたのに。。トヨタもリコール問題で傷ついたし。。
Posted by ゴマちゃん at 2011年04月30日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。